プロフィール(女性関係に苦しんだ私の経験談)

2023年10月24日

今回は、女性との関係に苦しんだ私の過去についてお話ししていきます。

元々臆病で、自信がなく、友達との関係においてさえ受け身だった自分は、女性との関係に大変苦しめられてきました。

 

ただ、その経験から学び得たこともたくさんあるので、

今からお話しする経験談に含まれる知見が、

今女性との関係に苦しんでいる男性の皆さんに少しでも役立つものであれば、

嬉しいことはありません。

自信のなかった子供時代

まず、小学生の時、私はそこそこ顔が整っていることから、女の子から少しモテていました。

「は?ただのモテ自慢かよ。読むのやめたろ。」

と思われた皆さん。どうか、もう少しだけお付き合いください。

 

小学生の頃同級生だった女の子は、可愛い上に積極的な子ばかりでした。

それにより、「あ、女性って積極的な生物なんだな」という考えが私の中に植え付けられました。

この考えは、謙虚だった自分をより受け身へと仕立て上げました。

さらに悪いことに、私は中高一貫の男子校へ入ることになってしまいました。

 

その6年間、女性と関わることはほとんどなかったため、

女性は積極的な生き物

という考えが更新されることはありませんでした。

 

大学生活も謳歌できず

小学生の時に染みついた受け身な自分と、中高6年間の女性耐性ゼロのおかげで、

大学生活では、自分から女性へアプローチをかけることができませんでした。

大学に作った友人も自分と似たような感じだったので、現状が変わることはありませんでした。

(自分と同じような人と一緒にいるのは、居心地がいいですからね)

 

このままではマズいと考えた私は、大学2年の時にインカレサークルに入ることにしました。

そこで気になる女性ができたものの、案の定ハイパー受け身マンだった私は、全くアプローチをかけることができませんでした。

大学3年の秋頃に行動を起こそうとしましたが、その子は既に同期の人に取られていました。

 

ここまで何もない大学生活なんてあってたまるか!と再び考えた私は、

大学4年の就活が終わって落ち着いた頃に、同じくモテていなかった友人と街コンに参加しました。

そして、その街コンで話した女性といい感じになり、人生初めてのデートに行くことになりました。

 

なぜ、受け身であった自分が、女性とのデートに漕ぎつけたのかと言えば、

サークルと違って、男女ともに恋愛目的である街コンでは、安心してアプローチをかけることができたからです。

 

人生初の恋愛にワクワクしていましたが、今までデートのやり方も知らなかった私は、

1回目は代官山をただ歩き回るだけ、2回目は友人と彼女の友人含めた4人でバトミントンをする(もはやデートではない)ことをしただけでした。

その後連絡は途絶え、大学生活は散々な結果に終わりました。

 

社会人になり、初めて彼女ができるも…

社会人になった私は、このまま彼女もできずに、人生を終えるのは嫌だと必死になりました。

社会人1年目から、やったこともない会社のテニスサークルや、ネットで探した社会人サークルに参加しまくりました。

中には、サークルのフリをしたアム●●●の勧誘に巻き込まれるなど、散々な思いをしましたが、

それでも、恋愛を諦めることはありませんでした。

 

社会人2年目の時にマッチングアプリを利用し始め、より出会いを広げていきました。

そして、試行錯誤の上、その年の冬にアプリで出会った女性に告白し、人生初めての彼女を作ることができました。

「やった…!ついに自分にも彼女ができた!」

その時の嬉しさはとてつもなく大きいものでした。

 

しかし、その嬉しさは束の間で、

私は、彼女との関係を上手く続けることができず、1年弱で別れることになりました。

いや、正確に言うと、旅行先で初めて性行為をした半年後から、ほとんど会わない状態となっていました。

 

その当時は気づいていませんでしたが、初めての恋愛の経験から私は、

相手のことを気にしてばかりで、自分の気持ちを抑えつけていた

ということに気がつきました。

今まで受け身だった自分が一番恐れていたことは、

他人に嫌われること

だったからです。

 

女性に嫌われたくないという思い

その女性と別れてから、3ヶ月後に当たる社会人3年目の6月。

またアプリで彼女を作りました。

当時の彼女には申し訳ないのですが、振られた当時の自分はとにかく彼女を作りたい一心であったため、

その女性のことをあまり好きではないのにも関わらず、交際を申し込みました。

付き合ってから1回目デートで性交渉をしました。

そんなことをしていたためか、行為をした後はその女性に対する関心がみるみるうちに薄れていきました。

そして、社会人3年目の秋には別れました。

 

そのことを当時仲が良かった友人に話すと、

お前、それただのヤリ捨てだろ。最低だな。

と軽蔑され、めちゃめちゃ怒られました。

 

今振り返ってみると、

ただ彼女が欲しい、ヤリたいという気持ちだけで、好きだと嘘の気持ちを伝え彼女を作るのは、

相手をとても傷つけることであり、結局自分も幸せにはなれない

ことだと思います。

この辺は人によって意見が分かれるかもしれませんが、

告白するのではなく、「もっと一緒にいたい」「ホテルに行こう」と正直な気持ちを伝えることは、

間違いではないと考えています。

なぜなら女性はその正直な言葉に対して、選択できるからです。

女性が「イエス」と言えば、ホテルに行けばいいし、「ノー」と言えばそこで解散になるだけです。

嘘の告白をして性行為をするよりかは、遥かにましだと思います。

 

さて、話を戻しまして、友人にとても怒られた自分は、恋愛に対してまた臆病になってしまいました。

当時の私が新たに獲得した考えは、

女性を大事にしなければならない

でした。

一見悪い考えではないようにも見えますが、要するに、

女性に嫌われないようにするために臆病でいよう

ということです。

また受け身な自分に逆戻りです。

いやむしろ、

嫌われないようにする

と考えていた当時の自分より悪化していました。

なぜなら、

臆病でいよう

という考えがおまけで付いていたからです。

 

そんな考えを持ちながらも、翌年の3月にまたアプリで女性に告白し、OKをもらうのですが、

嫌われないように臆病でいようと意識するばかりで、全く進展なく、1ヶ月で別れることになりました。

 

この「臆病でいよう」という考えを持っていたせいで、

次に付き合う女性との関係で大きな失敗をすることになりました…

職場で出会った女性との泥沼関係

次に出会った女性は同じ会社の人でした。

お互いの趣味が共通していたのもあって意気投合し、デートを重ね、4回目で告白をしました。

臆病の割には告白は結構するんだな

と思われた方もいるかもしれません。

そうです。告白まではできるのです。

なぜなら、このままデートを重ねていって告白しないままだと、

相手に嫌われると思っていたからです。

本来であれば、好きだからこそ告白をするのに、

自分は、このまま進展がないと嫌われるかもしれないから告白していました。

もちろん、告白する女性に対して好意がないわけではありませんでした。

ただ、自分は、嫌われたくないという気持ちの方が大きかったのです。

 

付き合い始めてからも、「どうやったら嫌われないか」ことばかり考えていました。

嫌われないようにするには、あまりしつこくしない方がいいと考え、LINEの頻度をわざと落としたり、

嫌われて別れたとしても、すぐ付き合えるように、マッチングアプリで保険を掛けておこう、とも考えたりしました。

 

このように、彼女の事を知ろうともせずにいた自分は、

案の定、付き合ってから半年後に「とりあえず友達のままでいよう」と別れを切り出されました。

ここできっぱり終わっていればまだ良かったのですが、

当時の私は、またなんとしても付き合いたいと考え、その子との関係をずるずると引きずりました。

そして、気持ちのこもっていない「また付き合いたい」という言葉を投げかけるも、

「もっとお互いのことを知ってから」という返事が返ってくるだけでした。

 

ちなみに、この泥沼関係を続けている中、

彼女の方から一瞬腕を絡ませてきたり、「一緒に花火見に行こう」と言ったりと、

何回か好意を示すようなことがありましたが、

当時の自分は、「嫌われたくない!なんとしてもまた付き合いたい!」という考えに執着していたため、

その好意に応えることはありませんでした。

そしてその子と出会ってから2年半後、連絡は途絶えました。

 

最後に見たのは、会社の敷地内で、お昼休みに同じ職場と思われる男性と一緒に歩いている姿でした。

 

最後に

自分の恋愛経験から言えることは、

嫌われることを恐れるな

自分の本当の気持ちに正直になれ

です。

じゃあどうすれば、嫌われることを恐れなくなるのか?

自分の本当の気持ちに気づき、正直になるためにはどうしたらいいか?

については、このブログで述べていきます。

 

どうか、皆さんには、私のような辛くて苦しい恋愛をして欲しくないのです。

幸せな恋愛を掴み取って欲しいのです。

 

まだ自分も完璧ではありませんが、「嫌われないようにしよう」という考えはほとんどなくなり、

自分を大切にし、自分の気持ちに正直になれるようになりました。

この辛い経験、苦しい実体験をしたからこそ、言えることがあると思います。

皆さんが、このブログから知見を得て、

ご自身の恋愛に役立ててもらえることがあれば、これ幸いなことはありません。

 

悠々自適なあなたの人生に幸あれ。